international
pcborder
category
sns
新商品やニュースなどいろいろな情報を配信しています。

SeeedStudio CAN-BUSシールド V2

SPIインターフェイスを備えたMCP2515 CAN-BUSコントローラと、CAN-BUS機能を提供するMCP2551 CANトランシーバーを採用した、Arduino Uno、Mega、Leonardo用CAN-BUSシールドです。

シリアルのGROVEコネクタはA0/A1ピンに、I2CのGROVEコネクタはSDA/SCLピンに、それぞれ繋がっています。それぞれのコネクタは使いやすいように、シールドと水平に搭載しています。

DB9コネクタの横にあるスイッチを切り替えることで、OBD-llもしくは標準的なCANのピン配列のどちらかを選択できます(デフォルトはOBD-ll)。

また、シールド背面にあるジャンパを下記のように切り替えることで、使用ピンを切り替えることができます。

  • CS_CANジャンパを切り替えることによって、CANピンをD9またはD10から選んで設定することができます(デフォルトはD9)。
  • CS_TFジャンパを切り替えることによって、データ保存用のmicroSDカードスロットにつながるCSピンを、D4またはD5から選んで設定することができます(デフォルトはD4)。
  • INTジャンパを切り替えることによって、INTピンをD2またはD3に設定することができます(デフォルトはD2)。
  • MISO、MOSI、SCKジャンパを切り替えることによって、一部の互換機用にSPIピンをICSPピンからD11~D13ピンに変更することができます(デフォルトはICSP)。

また、二つ以上のCAN-BUSシールドを使用する場合は、シールド背面のP1パッドをカットする必要があります。

仕様

  • 寸法:74.8 mm x 53.4 mm x 27.1 mm
  • 重量:GW49g

特徴

  • 最大1 M bpsでCAN V2.0Bを利用可能
  • 工業規格の9ピンD-subコネクタ
  • OBD-llおよびCAN標準ピン配列を選択可能
  • CAN用のピンを切り替えるジャンパ
  • microSDカードスロット用のピンを切り替えるジャンパ
  • INTピンを切り替えるジャンパ
  • CAN_HとCAN_Lを簡単に接続できるターミナルブロック
  • Arduino Uno R3互換ピンヘッダ
  • 二つのGROVEコネクタ(I2C及びUART)
  • 最大10 MHzまでのSPIインターフェイス
  • 標準フォーマット(11ビット長)及び拡張フォーマット(29ビット長)のデータフレーム及びリモートフレーム
  • 優先順位付き受信バッファ

資料

製造元販売ページ:https://www.seeedstudio.com/
製造元希望小売価格:24.50ドル(税別)

2017年10月5日更新
名前 SeeedStudio CAN-BUSシールド V2
コード番号 SEEED-103030215
SKU# 3435
送料区分 500
単価 2,980
数量
在庫 多数
短縮URL ssci.to/3435
公開日 2017年10月5日