international
pcborder
category
sns
新商品やニュースなどいろいろな情報を配信しています。

ESP-WROOM-32ピッチ変換済みモジュール《フル版》

Espressif SystemsのWi-Fiモジュール、ESP-WROOM-32をブレッドボードで使いやすいようにピッチ変換しました。ESP-WROOM-32の端子を2.54 mmピッチに引き出しています。

ピンヘッダは付属しません。

NC(No Connect)は引き出していません。三つあるGND端子を2ピンにまとめて引き出しています。ESP-WROOM-32モジュールへの電源供給を安定させるため、必ずGND端子2ピンともGNDに接続してください。

18ピン2列の端子間隔は25.4 mm(1インチ、1000 mil)です。普通のブレッドボードに挿した場合、どちらか一列だけ空けられます。(写真はα版のものですが、サイズは同じです)

α版との違いは以下の通りです。

  • シルクの間違いを修正しました
  • シルクを追加しました
  • ESP32モジュール底面のパッドをはんだ付けするための穴を削除しました(パッドは残してあるのでモジュールの底面パッドははんだ付けされています)
  • 3.3 VとGNDの配線を見直しました

基板の表と裏

寸法図

モジュールの特徴

  • IEEE 802.11b/g/nに対応(2.4 GHz)
  • Bluetooth Classic及びBLE(4.2)に対応(デュアルモード)
  • 低消費電力の32 bit デュアルコアMCUを搭載
  • 12 bit SAR A/Dコンバータを搭載
  • TCP/IPのプロトコルスタックを搭載
  • (H)SPI、UART、I2C、I2S、PWM、GPIOなどさまざまなインターフェースを搭載
  • FCC、CE、工事設計認証取得済

モジュールの仕様

  • SoC:ESP32(Tensilica LX6 デュアルコア、240 MHz)
  • Wi-Fi:802.11 b/g/n(HT40)
  • Bluetooth:Classic、BLE 4.2(デュアルモード)
  • Wi-Fiモード:Station/softAP/SoftAP+station/P2P
  • セキュリティ:WPA/WPA2/WPA2-エンタープライズ/WPS
  • 暗号化:AES/RSA/ECC/SHA
  • SRAM:520 KB
  • フラッシュ:16 MB
  • 動作電圧:2.2~3.6 V
  • 消費電流:平均80 mA
  • 動作温度:-40℃~+85°C
  • オンチップセンサ:ホールセンサ、温度センサ
  • インターフェース
  • GPIO
  • I2C
  • UART
  • SPI
  • モータ用PWM
  • LED用PWM
  • I2S
  • ADC
  • DAC
  • SDカード(SDIO)
  • IR
  • 静電容量式タッチセンサ
  • ローノイズプリアンプ
  • ピン間隔:1.27 mmピッチ(ハーフピッチ)
  • サイズ:18 mm x 25.5 mm x 2.8 mm

資料

2017年3月17日更新
名前 ESP-WROOM-32ピッチ変換済みモジュール《フル版》
コード番号 SSCI-031707
SKU# 3170
送料区分 150
単価 1,080
数量
在庫 多数
短縮URL ssci.to/3170
公開日 2017年3月17日